カマグラとは勃起不全症(ED)に用いられる医薬品で、インドのアジャンタファーマという製薬会社が製造販売しています。
有効成分はシルデナフィルクエン酸塩というもの。
これは日本でED治療薬として応用されているバイアグラと同一有効成分です。

この有効成分は体内でホスホジエステラーゼⅤという酵素の働きを阻害します。
すると血管平滑筋細胞内でサイクリックGMPという物質の濃度が上がり、血管平滑筋が弛緩し、血管内腔が拡張します。
これによって陰茎部により多くの血液が流入するようになります。

勃起の力は血液流入量に依存しているため、このシルデナフィルクエン酸塩の血管拡張効果によって勃起が起こりやすくなるのです。

カマグラとバイアグラの違い

img07

カマグラとバイアグラは同じ有効成分の医薬品ですが相違点も存在します。

有効成分含有量はカマグラの方が多い

まず有効成分含有量が異なります。

カマグラは有効成分が50mgと100mg含有されている2種類の商品があります。
一方、日本で売られているバイアグラは25mgと50mgの2種類の商品があります。
よってカマグラの方が有効成分含有量が多くなっているのです。

ただし日本人の用量設定では最大50mgまでとされているため、カマグラの100mgを購入した場合には半分に錠剤を割って半分ずつ服用する必要があります。

医療現場ではカマグラは使用されていない

またカマグラは日本の医療現場では使用されていないものの、バイアグラは使用されています。
これは厚生労働省がバイアグラを認可しているもののカマグラを認可していないためです。

カマグラのラインナップと特徴

カマグラには様々な剤形が存在することも特徴の1つです。

水なしで服用できるチュアブル錠

日本で販売されているバイアグラに関しては普通の錠剤タイプのものしかないのに対し、カマグラは普通の錠剤の他にチュアブル錠があります。
チュアブル錠とは錠剤を噛んで服用できるように味等の工夫がなされている錠剤をいいます。
これなら水なしでも噛んで服用することができます。

ED治療薬は外出先で使用される方も多いかと思いますのでこういった剤形があるのは服用の際に助かります。

飲みやすい発泡剤タイプ、ゼリータイプのカマグラオーラルジェリー

また発泡剤タイプのものもあり、これは噛む必要もなく口の中に入れると唾液で溶けて発泡していきます。
さらにゼリー状にして飲みやすくされているものシルデナフィルクエン酸塩と合わせて早漏防止成分のダポキセチンが配合されている「スーパーカマグラ」などもあります。

カマグラの副作用や入手の際の注意点など

img06

血管拡張による副作用に注意

カマグラの副作用はシルデナフィルクエン酸塩による血管拡張作用に由来するものが多いです。
この血管拡張作用は陰茎部にのみ起こるわけではなく全身の血管で起こります。

もし脳内の血管が拡張すると、それが脳を圧迫して頭痛を引き起こすことがあります。
また、鼻粘膜の血管が拡張すると鼻粘膜の容積が大きくなり鼻づまりを感じることがあるでしょう。

さらには、全身の血管拡張によって血圧が低下傾向になる場合もあります。
低血圧となるとめまい、脱力感といった症状が起こるとされています。

個人輸入の場合は薬事法抵触に注意

入手の際の注意点ですが、個人輸入という形でカマグラは入手できますが、これを他人に譲渡することは法律違反となります。
あくまで本人のみ使用できることとなっています。

カマグラのおすすめのポイント

値段の安さが最大の魅力

カマグラのオススメポイントですが、まずは何より値段が安いことです。
日本で認可を受けている同一有効成分のバイアグラを病院や薬局で購入すると50mg錠1錠あたり1500円程度かかります。
しかしカマグラの50mg錠をインターネットを利用して個人輸入すると1錠あたり500円程度で購入することができます。

即効性が期待できる

またカマグラは即効性のあるED治療薬であるというメリットがあります。
ED治療薬の有効成分は他にバルデナフィル(レビトラ)やタダラフィル(シアリス)がありますが、即効性はバルデナフィルとシルデナフィルクエン酸塩が同等程度でタダラフィルが劣っています。

また副作用や他の薬との飲み合わせに関してはバルデナフィルよりもシルデナフィルクエン酸の方が優れています。
さらに前述の通り、チュアブル錠、発砲錠、オーラルゼリーと水なしでも飲みやすい剤形も存在するので利便性も高くなっています。

効果と安全性、利便性。この3つのバランスが一番とれている薬と言えるでしょう。